映画作品映画館映画ニュース マイページ

中井貴一&佐々木蔵之介、仲良く赤タートルかぶる「バディ感が出てよかった」

2018年01月06日(土)配信

中井貴一と佐々木蔵之介がW主演を務めた『嘘八百』(公開中)の公開記念舞台挨拶が1月6日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、中井と佐々木をはじめ、友近、森川葵、武正晴監督が登壇。偶然にも衣装がかぶった中井と佐々木が楽しそうな笑顔を見せた。

本作は、中井が空振りばかりな目利きの古物商、佐々木が落ちぶれた陶芸家に扮し、幻の利休の茶器をでっち上げて一攫千金を狙う姿を描くコメディ映画。劇中に“真っ赤な嘘”が登場することから、赤色のものを身につけて登壇することになっていたこの日。中井と佐々木はそろって赤タートル姿を披露した。

中井によると「一切、(打ち合わせは)していません」とのことだが、仲良く赤タートルがかぶった二人。佐々木は「バディ感が出てよかった」と頬を緩めるなど、息ぴったりの様子を見せていた。

さらに、「嘘を交えて、今年の抱負を教えてください」という難しいお題に答えることになった登壇者陣。戸惑うことしきりだったが、中井は「今年は出産をしてみたい。できることなら、出産を」と回答し、会場も大爆笑。隣の佐々木は「出産!?」と驚きつつ、「今年、僕は成人式を迎えたいと思っています」とこちらもサービスたっぷりに語り、笑いを誘っていた。

また、佐々木演じる男の妻役に扮した友近は「こういうふうに役に没頭されるんだ、空気を作るんだと見ていて勉強になった」と佐々木との共演に感激しきり。「それを間近で見ていられたのはすごく幸せでした。このまま私生活も続けばいいのに」と佐々木との夫婦継続を願い、佐々木も「あはは!」と大笑い。

一方、中井と親子役を演じた森川は「貴一さんは包容力があって、どれも受け止めてくださる。安心して貴一さんというお父さんのもと、お芝居させてもらいました」と大先輩との共演がかけがえのないものとなったことを明かしていた。

【Movieウォーカー for SPmode TOPへ】