映画作品映画館映画ニュース マイページ

King&Princeの平野紫耀、初主演映画『honey』の舞台挨拶でド天然ぶりを発揮

2018年02月21日(水)配信

King&Princeでデビューした平野紫耀の初主演映画『honey』の完成披露試写イベントと舞台挨拶が、2月21日に新宿バルト9で開催。平野が劇場のメインロビーにてファンの前で映画の完成を生報告し、等身大のスタンディーの除幕式を行ったあと、舞台挨拶に登壇した。平野は終始、ド天然なコメントをし、会場の笑いを取った。

舞台挨拶に登壇したのは、平野のほか、平祐奈、横浜流星、水谷果穂、浅川梨奈(SUPER☆GiRLS)、佐野岳、高橋優、神徳幸治監督の8名。平野は映画初主演ということで「とても緊張しながらも、ひじょうに思い入れの強い、気合いたっぷりな作品になりました。恋愛や友情、たくさんの感情が詰め込まれているので、瞬きなしで観てもらいたいです」と言うと、平が「瞬きはしてもらわないと困ります」とツッコむ。

高橋は平野の天然エピソードを披露。「紫耀くんが『真っ黒いイヌを飼っていたら、ある日突然真っ白になったんです』と。どういうことだろう?と思い、もともとの犬種かなにかで(成長に合わせて)ちょっとずつ色が変わるってことがあるのかなと思って『親(イヌ)の色は?』と尋ねたら、紫耀くんが真っ直ぐな目で『僕の親のことですか?』と。その話の流れに驚愕しました」と言うと、会場は大爆笑となる。

また、映画にちなみ、最近“鬼キュン”したエピソードを披露することになった平野は「タクシー代が安くなったじゃないですか」といきなり、タクシーの話を切り出す。「よく乗らせていただくんですが、運転手さんが、1020円のところを、『あ、20円いいよ』って笑顔で言ってくれたことが鬼キュンでした」と語り、会場はなごやかな雰囲気に包まれた。

『honey』は、目黒あむの人気コミックの実写映画化作品。ヘタレでビビリの女子高生・小暮奈緒(平祐奈)が、“鬼S不良男子”鬼瀬大雅(平野紫耀)から突然、「結婚を前提に付き合ってください」という告白を受け、つき合っていく。

【Movieウォーカー for SPmode TOPへ】