映画作品映画館映画ニュース マイページ

King & Prince平野紫耀、初主演映画の舞台挨拶でMCに初挑戦!天然キャラ炸裂で共演者から総ツッコミ

2018年03月31日(土)配信

「別冊マーガレット」で連載され、独特な世界観で人気を博した目黒あむの少女漫画を実写映画化した『honey』の初日舞台挨拶が31日、丸の内TOEI1で開催。本作で映画初主演を務めたKing & Princeの平野紫耀を筆頭に、平祐奈、横浜流星、水谷果穂、浅川梨奈(SUPER☆GiRLS)、佐野岳、高橋優、神徳幸治監督が登壇した。幼い頃に両親を失い叔父に見守られながら育ったヘタレでビビリな女子高生・小暮奈緒が、入学式の日に誰もが恐れる赤い髪の不良・鬼瀬大雅から結婚を前提にした交際を申し込まれることから始まる本作。不良が大の苦手だった奈緒は断りきれずに付き合うことになるが、一緒の日々を過ごしていくうちに鬼瀬の意外な一面を知ることになる。舞台挨拶の模様が全国108の劇場にライブビューイング中継されているということで、各自が出身地の方言か憧れの方言で挨拶。愛知県出身の平野は「でら平野紫耀です」とぎこちなく挨拶をし「名古屋弁を忘れてしまうハプニングが起きてしまいました…」と笑いを取る。それでも何とか「みなさんと一緒に楽しい時間を作れたらいいと思っとるんで、でら楽しんで行こまい」と完遂した平野は、初主演映画が初日を迎えたことに「やっとこの日が来たか」と感慨深げにコメントした。そんな平野は、劇中に登場する“108本のバラの花束”と、作品のテーマである“はじめての恋”にちなんで、これまで“108のはじめて”に挑戦してきた。その締めくくりとして「舞台挨拶のMC」を任された平野は、自ら考えてきた質問を共演者たちに投げかけていく。序盤から質問だけでなく、平の名前さえも噛んでしまうなど持ち前の天然キャラを発揮していく平野。普段とは違う性格の役を演じる上で「どうしたらビビリでヘタレに見えるのかと、周りの内気な人を観察した」と明かした平に「ストイックということですね」とそっけなく返し、平から「ちゃんと聞いてましたか?」と鋭いツッコミを入れられる一幕も。さらに平野は、これまで何度もなぞなぞを出されつづけていた高橋に難しいなぞなぞで仕返しに臨む。「ハチが疲れてしまう距離は?」という問いに答えられなかった高橋から逆に「“サカナウリバ”の端にある魚は?」となぞなぞを返されると考え込んでしまう平野。すると高橋から「このなぞなぞ出すの3回目(笑)」と予想外の真実が明かされ、会場にいた全員がヒヤヒヤしながら平野を見守る。「質問は覚えているんですけど、答えを忘れちゃいました」とまたしても天然キャラを炸裂させた平野は、長いシンキングタイムの末に「シメサバ!」と勢いよく回答。すかさず高橋から「なんでシメてんだよ!(笑)」とツッコミが入れられ、2人の仲の良さをうかがわせた。そして舞台上にこれまで挑戦してきた“108のはじめて”が書かれたボードが登場し、その思い出を振り返っていく平野。テレビの収録や、マネージャーとのしりとり、高橋のラジオにゲスト出演したときのエピソードを語り、さらに挑戦のひとつであった「くまのプーさん」のモノマネをその場で再現。あまりにクオリティの低いモノマネで、会場に詰めかけたファンを大きく沸かせた。

【Movieウォーカー for SPmode TOPへ】