映画作品映画館映画ニュース マイページ

『孤狼の血』の原作者・柚月裕子が役所広司や松坂桃李の熱演を激賞した理由とは?

2018年05月11日(金)配信

世に言う“ギャップ萌え”とはこのことか。「仁義なき戦い」の系譜を行く熱き男たちのドラマ『孤狼の血』(5月12日公開)の原作者・柚月裕子先生は、可憐で柔和な雰囲気を持ち、荒ぶる男たちの血湧き肉躍る作品の世界観とはあまりにもかけ離れていた。そんな柚月先生が、『彼女がその名を知らない鳥たち』(17)の白石和彌監督が手掛けた映画版を観て、「心が火傷した」とコメントを寄せた。その真意をうかがうべく、インタビューを敢行した。本作の舞台は、昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島にある架空都市・呉原。暴力団が幅を利かせるなか、広島の巨大組織・五十子会系の加古村組と、地場の暴力団・尾谷組との抗争に、マル暴(暴力団対策を行う警察組織)のベテラン刑事・大上章吾(役所広司)と新人刑事・日岡秀一(松坂桃李)が斬り込んでいく。そのルックスと作品とのギャップに驚いたことを伝えると、柚月先生は「身に余る光栄ですし、お恥ずかしいかぎりです」と恐縮しきり。また、書店回りをした際のこんなエピソードを話してくれた。「皆さんは、一体どんな“柚月裕子像”をお持ちなんだろうと不思議でした。そしたら、ある書店員さんが『加賀まりこさんみたいな方が来るかと思った』とおっしゃられて、ああ、そうか!と。どうやら皆さんは、柚月裕子について、『極道の妻たち』の加賀さんや岩下志麻さんみたいに凛とされた方をイメージされているらしく。私はこんなにぽわんとしているので、なんだか申し訳なくて、『すいません』と頭を下げて回っています」。こんな受け応えも好感度大である。映画の製作発表では、広島県でオールロケをすると聞いて感激したという柚月先生。「小説を書く前に広島を回りました。そこで、広島に原爆が落とされてからここまで復興された人々の熱さや、どれくらい流されたかわからない涙の数を思い、絶対に広島を舞台にしようと思ったんです。また、映画でも、ロケ地となった呉の裏路地には昭和の懐かしい景色が残っていて、本当にあの世界観にのめり込んで観ることができました」。続いてキャストの印象について聞いた。「大上役の役所広司さんは、台本から想像していた時とは口調や表情が全然違っていました。怒声を張り上げるシーンも非常に迫力がありましたが、私は役所さんが小さくニヤッと笑うシーンがすごく怖くて印象に残りました。また、クラブ梨子のママ(真木よう子)の子どもとのやりとりも良かったです。大上が『元気にしちょるか?』と笑顔で声をかけると、その男の子が『暑くるしいんじゃ、おっさん』と席を立つんです。それを見て、大上が『かわいいやっちゃのお』と言うんですが、その表情がたまらなく良くて」。原作では大上が堅気(かたぎ)の人たちをいかに大切に思っているかが丁寧に織り込まれているが、映画ではこういう何気ないやりとりによって、大上の優しい人となりが端的に語られている。「まさに役所さんの演技力に尽きるのかなと。本筋とは関係ないシーンですが、 “心が火傷した”と表現したのはそういう点です。『おもしろかった』とか『すごかった』というだけでは言い表せなくて。役所さんは、大上のカッコ良さだけではなく、重層的な魅力をも表現してくださった。日本を代表するトップスターとはこういうことかと、つくづく思い知らされました」。日岡役の松坂桃李については「2時間でこれだけ成長するのかとうなりました」と感心しきりだ。「映画が始まった時は、澄んだ真っ直ぐな瞳で、自分の職務を果たそうとして大上とぶつかります。あとで大きな展開があり、日岡が号泣しますが、私はあのシーンで日岡以上に号泣しました。私は自分の小説を読んで泣いたことは一度もないし、これからもないと思いますが、あのシーンではしゃくりあげるくらい泣いてしまいました」。松坂とは、製作発表の会見で初めて会ったそうだ。「控え室でお会いした時、非常に穏やかで優しそうでしたし、モデルもされているので『蹴られたり殴られたり血まみれになる日岡役なのに、大丈夫なのかしら?』と思ってしまったんです。でも、映画を観たあと『心配してすいません』と、松坂さんに心から謝りたくなりました。それくらい見事なハマりようで、『ああ、この方は“人気俳優”ではなく、本物の“役者”なんだ』と思いました。それくらいすばらしかったです」。最後に「映画は全編、独立したすばらしい1本となっています」と力強くアピールした柚月先生。『孤狼の血』は、まさに小説と映画との理想的なコラボレーション作品と言えるだろう。

【Movieウォーカー for SPmode TOPへ】