映画作品映画館映画ニュース マイページ

戸田恵子&中尾隆聖がアンパンマン30周年に感慨。「30年前は30歳」と当時の写真も公開!

2018年06月10日(日)配信

アニメ「それいけ!アンパンマン」の劇場版第30弾『それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星』(6月30日公開)の完成披露舞台挨拶が6月10日にユナイテッド・シネマ豊洲で開催され、30年もの間、アンパンマンの声を務めてきた戸田恵子、ばいきんまん役の中尾隆聖が登壇。戸田が「みなさんのおかげで、30周年、30本目の映画ができることになりました」と感慨を語った。本作は、好奇心旺盛な“クルン”とアンパンマンたちが、いのちの星の故郷を救うために奮闘する物語。舞台挨拶には、ゲスト声優を務める杏、アンジャッシュの渡部建と児嶋一哉も出席した。この日は、アンパンマン30周年にちなみ、登壇者の30年前の写真が公開された。「30年前は30歳」と明かした戸田は、舞台「スイート・チャリティー」に出演したときのフライヤー写真を披露。戸田は「30年前の写真というと、子どもの時代の写真を想像した。でももう、子どもじゃなかった!自分でもびっくり。本当にショックです」と苦笑い。児島から「変わらないですよね、戸田さんは。まったくではないけれど」と茶々を入れられるなど、息の合ったやり取りで会場を笑わせた。30年前を振り返った中尾は「ばいきんまん役はオーディションだった」と告白。「原作者のやなせ(たかし)先生から『誰もいなければ、ばいきんまんは私がやりたいくらいだ』と言われて。すごいプレッシャーだった。その時にあの声を作ってしまって苦労しています」と独特の発声に苦労もあるようだが、「おかげさまでオーディションに受かって。やらせていただけてありがたいです」と大事な役に出会えたことに感謝しきりだった。また中尾は「15年前のもの」だという、アンパンマン15周年記念パーティーの写真もお披露目。戸田は「真ん中にやなせたかし先生がいらっしゃって、中尾さんの隣にいるのが初代ドキンちゃんの鶴(ひろみ)さん」と写真に映る亡くなった2人の笑顔を見て、しみじみ。中尾も「みんないますね。みんな若い」と目を細めていた。最後には主題歌「アンパンマンのマーチ」を歌うドリーミングも駆けつけ、会場も一緒になって合唱。戸田は「私たちには限りがありますが、『アンパンマン』の番組、映画は100年続くと思っている。原点回帰のすばらしい映画になった」とアピールして、大きな拍手を浴びていた。

【Movieウォーカー for SPmode TOPへ】