映画作品映画館映画ニュース マイページ

志尊淳らイケメン4人が『劇場版 ドルメンX』を語る!あのメンバーは○○を愛しちゃうタイプ?

2018年06月21日(木)配信

本作で熱血宇宙人の隊長(志尊淳)、オシャレ宇宙人のイチイ(浅香航大)、フェミニン宇宙人のニイ(小越勇輝)、インテリ宇宙人のサイ(堀井新太)を演じたアイドルグループ“ドルメンX”の面々にインタビュー。地球人と接しているうちに“くやしさ”や“嫉妬”をはじめとする人間らしい心を知り、本物のアイドルになろうと奮闘していく宇宙人たちを演じた感想を聞いた。――今回演じたドルメンXのメンバーとご自身との共通点はありましたか?志尊「ドルメンXのメンバーは、みんな等身大の存在なので、“宇宙人だからこうあるべき”というものはないと思っています。僕も隊長と同じで不器用なほうだと思いますが、隊長のように不器用でダサい部分もさらけ出してがむしゃらに頑張るということを、撮影当時は恥ずかしいと思っていて。それをあまり周りには見せたくないと思っていました。そういう部分は、あんまり隊長と似てなかったですね」。堀井「アイドルになって地球侵略を成し遂げようとする“熱さ”みたいな部分ですかね。僕はいま、役者として頑張っている最中なんですが、絶対にあきらめないという熱い気持ちは似ているのかなと。でも、基本的に僕自身は演じさせていただいたサイとは真逆な性格だと思います。サイはみんながワイワイやっている様子を一歩引いてみているキャラだけど、僕はどちらかというと率先してワイワイしたい人なので」。浅香「僕は、根の部分は結構イチイと似ているところが多いと思います。イチイという役を人間味があるように演じようと思っていたこともあり、近づけられるところは近づけようとしました。けれど、僕は普段、明るくはっちゃけることがないので、そういう部分は違うなと思いました。イチイはわりと自分に素直なんです。そこは似ています」。小越「僕の演じたニイは、なんでも器用にこなしちゃう子なんですけど、僕自身は器用じゃなくて…。演技もダンスも、練習して自分が納得していないとできないんです。そういうところは逆だなと思いました。でも、この役をやることで“キャラに寄った”と思います。ニイはみんなが『可愛い、可愛い』と言って近寄ってきてくれるキャラだったので、僕自身も撮影が進むにつれて、そういう立ち位置になっていったように思います」。――本作ではアドリブのシーンが多かったと伺いました。皆さんのお気に入りのシーンは?志尊「印象に残っているのは、隊長とイチイがテレビドラマ「半沢直樹」のモノマネをするシーンです。『モノマネをして』という指示はそのシーンの台本にはなかったのですが、前室で『このシーン、モノマネ風にやってみようか』と言ったら、浅香さんが『いいじゃん!じゃあ俺も香川(照之)さんのところやるわ』と反応してくれました。あのシーンでのイチイの台詞は、「半沢直樹」での香川さんを意識した台詞ではないんです。でも、やってみたらみんな爆笑してくれました。その様子をみたあらちゃん(堀井)が『俺もなんかやりたい』って言ったんですが、小室直子監督に『やめてー』と止められていました」。堀井「僕も何度かおもしろいアドリブに挑戦したんですけど、すぐ小室監督に『うーん、サイはそういうことやらないかな』と言って止められました(笑)」。小越「結構、アドリブが現場での楽しみのひとつになっていたよね」。志尊「毎回、全員が『なにかやってやろう』という雰囲気を出していたよね。なんだかライブみたいな感じで、本番で急にアドリブを入れても、受け入れてもらえる温かい現場でした」。――ドルヲタ宇宙人・ヨイを演じた玉城ティナさんのイメージはどうでしたか?堀井「“宇宙人”ってイメージです(笑)!本当に宇宙人なんです。タマちゃんって、ほんとうになに考えてるかわからないし、黙っていても、その存在だけでおもしろいんですよ。ぼーっと一点を見つめているから『どうしたタマちゃん!?』と聞いたら、『…ハッ!…明日の夕食のこと考えてた』とか言っちゃう不思議ちゃんなんですよ。彼女の感情はどこにあるんだろうっていつも思っていたので、僕はタマちゃんを宇宙人だと思っています(笑)」。志尊「でも意外に(?)繊細だよね」。浅香「みんなで一緒にご飯にも行ったけど、完全には自分をオープンにしていない感じがするよね。そこが不思議なのかな?俺は『お人形さんみたいだなあ』って思っていつも見てました!」。――本作では、ドルメンXのメンバー同士が尊敬したり、嫉妬したりすることが成長のきっかけになっていると思います。役者として、そのあたりに共感できる部分はありましたか?堀井「僕はみんなの顔がカッコいいなあと思います。この4人で並ぶと俺、他の3人の顔に嫉妬する。サイはインテリイケメンと台本には書かれているんですけど、大丈夫かなって正直思いましたよ…。俺、ちゃんとそういうイケメンに見えているのかなって不安になりました」。志尊「どうしたの急に…なんかあった?(笑)」。堀井「カッコいいんだよ君たち!僕は3人の顔に嫉妬してます」。小越「僕は場を和ませることが苦手なので、自分は自然とその場の空気を作れる3人を見ていて、すごいなと思いました」。志尊「僕は、みんな素敵な部分があると思う。それぞれが持っているプロ意識が刺激し合って、本作では切磋琢磨できたんじゃないかなって思います。本作を通して改めて強く感じたことは、どの業界でもそれぞれに素敵な魅力があるということです。その世界に宇宙人としてド直球でぶつかることで、過去の自分を思い出して、初心を忘れずに行こうと思える作品になりました。」――本作ではドルメンXの面々がSNSで自分たちのことを検索し、世間の反応を見るというシーンがありましたが、皆さんはエゴサーチしちゃうこと、ありますか?堀井「みんな、正直に手を挙げよう。せーの!…って俺だけ!?(笑)自分の名前は、もう癖で見ちゃいますね」。志尊「あらちゃんはすごい傷つきやすくて、繊細なガラスのハートの持ち主なんですよ(笑)」。――そういうところはサイに似ているような気がしますね堀井「あら、そうですか?サイ役は運命?」。志尊「生まれもってのサイだったんじゃない?」。浅香「一番のハマり役(笑)」。――劇場版ではテレビドラマ版のエピソードに加え、15年後のエピソードが追加され、作品としても厚みが増してると思います。15年後のドルメンXを演じるにあたって意識したことはなんでしょう。堀井「最初は売れていなかったドルメンXが、15年後ではスーツを着て、立派な控室を用意してもらって、記者会見を開くようになっているんです。そういう“売れたドルメンX”らしい演技は心がけました」。志尊「僕は逆に“変わらないドルメンX”ということを意識しました。ほかのメンバーは、唯一人類であるメンバー、修吾(桐山漣)の年を取った姿を見て、笑いの方向に持っていくのですが、隊長だけは『なんでお前らそんなことで笑えるんだ』とメンバーを諭すシーンがあるんです。ドルメンXの可愛げって、本質的な部分が“変わらない”ことで、ずっと成長を求め続けている部分であったり、優越感にあまり浸ったりしない部分なのかなと思っています。だから、隊長だけは、15年後の世界でも変わらない演技をしようと思っていました」。小越「15年後のドルメンXは、グループとしても、気持ちのうえでも、大きくなっているという意識はそれぞれ持っていると思います。でも、15年の間に人間の心を知っていくなかで『宇宙人の自分たちには、なにか足りないんじゃないのか』とも考えていると思いました。隊長の言葉がきっかけでその足りない部分に気付いて、クライマックスにつながっていったんじゃないかなと思います」。浅香「15年後の世界が描かれる映画版で追加されたテーマは“年を取ることは美しい”でした。そのテーマとの対比として“変わらないドルメンX”というものを意識しました」。――ドルメンXは年を取らないという設定ですが、皆さんは年を取って行くことをどう思っていますか。志尊「見た目だけの問題ですか?僕はいまの姿のままステイがいいです (笑)」。浅香「マジで?俺は年取りたいな。俺ってなんか、皺とかシミとか…すごい愛しちゃうタイプなんだ(笑)。フェチとかではなく、人の年輪というか、そういう部分にでる人の哀愁には敵わないなと思うんです。目じりに皺ができている人を見ると『この人はやさしい人なんだな』と思いますね」。堀井「全然違う理由で、俺も年は取りたい。好きな人ができるとするじゃないですか。その時自分だけが若いままで、相手だけ年を取っていくのって嫌じゃないですか」。小越「自分がどうありたいかと考えたら、年は取りたくないかな」。志尊「ファンタジーすぎて難しいですね。でも、航大くんが皺とかシミを愛しちゃうタイプだってことはわかりましたね(笑)」。

【Movieウォーカー for SPmode TOPへ】