映画作品映画館映画ニュース マイページ

『君が君で君だ』主演の池松壮亮、「初めてもらったラブレターを工事現場に投げ捨てた」

2018年06月26日(火)配信

池松壮亮主演映画『君が君で君だ』(7月7日公開)の完成披露舞台挨拶が、6月26日に新宿バルト9で開催され、池松、満島真之介、大倉孝二、高杉真宙、向井理、YOU、松居大悟監督が登壇した。池松は本作について「狂った純愛映画です。“やばい人たちのテラスハウス”みたいな映画です」とアピールした。『君が君で君だ』は、池松壮亮、満島真之介、大倉孝二が、好きな女の子が大好きな尾崎豊、ブラッド・ピット、坂本龍馬になり切るという破天荒な青春映画。彼らは自分の名前さえ捨て去り、10年にわたって意中の彼女を見守っていく。本作は第21回上海国際映画祭ガラ部門で上映され、池松は監督と共に現地入りした。上海での反応について「正直よくわからないんです。日本とはあまりにも映画に対する距離が違うので、舞台に上がった瞬間、わーわー言っているので。でも、偉い人から帰り際に『こんな映画上映するな』と文句言われたみたいで。日本でも公開前に打ち切りにならないか心配です」と告白。松居監督も「ちょっと変態が過ぎると言われました」とうなずく。松居監督は賛否両論が起こっているという本作について「高校生に見せたら、普通に興奮していたりして。過ごしてきた環境や状況によって見え方が違っていて。でも、それはいいことかなと」と前向きに捉えている。好きな女の子への執着が激しすぎる男3人の物語ということで「好きな子のリコーダーを舐めたことがあるか?」と質問されたゲスト陣。満島は「僕は2本」と告白すると、向井が「これがニュースになるから」とツッコミを入れ、会場は大爆笑。向井が「僕は舐めない派です」と言うと、大倉は「僕は舐めてないと思うけど、だんだんあったかもと思えてきました」と苦笑い。池松は「僕は舐めたことはないですよ。次、行きましょう」と話題を変えようとする。さらに若いころの女の子とのエピソードを聞かれた池松は「僕、そういうの苦手で。初めてもらったラブレターを持って帰るのが恥ずかしすぎて、帰りに工事現場に投げ捨てました」と言うと、会場はどよめく。満島も「こっちのほうがおかしいでしょ」とツッコみ、笑いをとった。

【Movieウォーカー for SPmode TOPへ】