映画作品映画館映画ニュース マイページ

佐野玲於&高杉真宙、男子だけの時間が「めちゃくちゃ大切!」2人をつなぐ話題とは?

2018年07月04日(水)配信

水野美波の人気コミックが、オリジナルな展開を加えて実写映画『虹色デイズ』となってスクリーンに登場する(7月6日公開)。佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、中川大志、高杉真宙、横浜流星といった旬の若手俳優が一同に会し、ちょっとおバカな男子高校生の日常をみずみずしく体現。一緒に笑ったり、悩んだり、仲良し4人組で過ごす時間がキラキラと輝くような青春映画となった。そこで佐野と高杉にインタビューを敢行。“男子だけの時間”の楽しさを語ってもらった。同じクラスのなっちゃん(佐野)、まっつん(中川)、つよぽん(高杉)、恵ちゃん(横浜)は、性格も趣味もまったく違うのに、いつも一緒の4人組。本作は、彼らが恋や友情を通して自分を発見していく姿を描く青春映画だ。佐野と高杉にとっては、今回が初共演となる。佐野が演じるなっちゃんは、ピュアで元気だけれど、恋に奥手な男の子。GENERATIONS from EXILE TRIBEとはまた違った表情を見せているが、佐野は「人間的なタイプは違うかもしれませんが、彼の悩みや心情はすごく理解できた」となっちゃんにシンパシー。「女性に連絡先が聞けなかったりするのは、僕もそうです。女性が相手だとグイグイと行けないんです。男同士でいる時と、女性に見せる顔ではちょっと違う。そういった面でも『わかるな』という部分は多かったです」。高杉は「玲於くんの初対面の印象は、それまで抱いていたイメージとまったく違ったんです」と告白。「ダンスの映像を見ていると、もっとハジけた人なのかなと思っていました。でも現場で同じ時間を過ごしていくなかで、僕は一緒にいてすごく楽だなと思ったんです。感覚が合う部分が多い」と打ち明けると、佐野は「メンバーで集まれば、ワイワイとなるけど。普段は落ち着いているほう」とニッコリ。高杉は「愛されキャラなところ、優しさがにじみ出るところなどは、なっちゃんと重なる」と分析する。一方、高杉演じるつよぽんは、オタクで超マイペースな男の子。「真宙の初対面の印象は、抱いていたイメージとまったく一緒だった」という佐野は「真宙は、つよぽんそのまま!真宙=つよぽんです。アニメ好き、ゲーム好きなところもそうだし、テンションも同じ」と役とのハマり度に太鼓判。高杉は「感性も含めて、つよぽんとは似ている部分が多かった」と認めるが、「似ているからこそ、3人との距離感を想像するのが難しくて」と苦労もあった様子。「特にまっつんと恵ちゃんは、つよぽんとは真反対のキャラクターなので、どうやってつよぽんは2人と仲良くなったんだろうと思ったんです。いろいろと考えながら、関係性をつくりました」。高杉の言葉通り、性格も趣味も違う4人が、わちゃわちゃと仲良く過ごす様が本作の大きな魅力。生き生きとした表情、会話のテンポなど、息のあったやり取りが映し出されているが、劇中の空気感を作るために心がけたことはあるのだろうか。すると佐野は「『仲よくしなきゃ』と意気込んでいたわけでもなく、すごく自然に仲よくなれたんです」と述懐。「撮影の4か月前からリハーサルをしたんですが、そうやって時間を重ねるなかで打ち解けていった。年齢も近いので、気を遣うこともなかったんです。思えば、学生の時もそうですよね。過ごす時間の積み重ねで、自然と仲よくなる」。高杉も「本当にすごく自然でした。いいものを作りたいという想いが強いメンバーでもあるので、お互いの発想で『こうしよう、ああしよう』と相談することも多かったです。ものづくりの取り組み方が同じだったので、より仲よくなれたんだと思います」と4人の絆について語る。「一緒にご飯を食べている時」が4人にとって至福の時間だったとか。高杉が「たいてい、流星がバカなことを言って」と笑うと、佐野も「そうそう。流星と大志がバカなことを言って、僕も参加していく」とコメント。高杉が「僕はそこを俯瞰して見ていたり」と続くなど、「そういう雰囲気も劇中と同じなんですよ」と声をそろえる。なんともいい現場だったことが伝わるが「これからも定期的にご飯に行こうと話しているんです」(高杉)と4人の絆は続いていくようだ。男子同士で過ごす時間は「楽しい」という佐野と高杉。佐野は「男同士の関係って、めんどくさくないというか。スッキリしている感じが好きです。仕事でもプライベートでも、男同士でお互いを助け合うこともあるし、それが友情につながっていく」と助けられることも多いそうで、高杉も「僕は男の友情に助けられてばかり」と同意。「仲のいい男友達が2人いるんですが、仕事が忙しい時期でも彼らとは会おうと思える。バカなことを話しているだけなんですが、それがすごく息抜きになって。その時間がなければ、僕はこの仕事を続けられなかったんじゃないかと思います」。「くだらなかったり、大したことは話していないかも(笑)。でもその時間がめちゃくちゃ大切!」とうなずき合う2人だが、この日に彼らが盛り上がっていたのがゲームの話題。「いま同じゲームにハマっていることが判明して。まあ、真宙はやっているかなと思っていたんだけど。さすがだね!」(佐野)、「一緒にやりたい!そろそろゲーミングPCを買おうと思って!」(高杉)と、ゲーム談義に花を咲かせていた。

【Movieウォーカー for SPmode TOPへ】