映画作品映画館映画ニュース マイページ

東出昌大、瀬々敬久監督のムチャぶりで四股踏み!劇場史上最多30人の舞台挨拶が大盛り上がり

2018年07月07日(土)配信

瀬々敬久監督が構想30年を費やした意欲作『菊とギロチン』の初日舞台挨拶が7月7日にテアトル新宿で開催され、木竜麻生、東出昌大、瀬々監督をはじめ、総勢30名がズラリと登壇。これは劇場始まって以来の最多人数となり、瀬々監督からムチャぶりされた東出が四股を踏むなど、大盛り上がりの舞台挨拶となった。本作は、関東大震災直後の日本で、かつて日本全国で興行されていた“女相撲”の一座と実在したアナキスト・グループ「ギロチン社」の青年たちが織りなす青春群像劇。木竜、東出、寛一郎、韓英恵、渋川清彦、大西信満、嘉門洋子、大西礼芳、山田真歩、嶺豪一、篠原篤、川瀬陽太、大森立嗣、仁科あい、持田加奈子、播田美保、和田光沙、前原麻希、背乃じゅん、田代友紀、原田夏帆、荒巻全紀、池田良、飯田芳、小林竜樹、木村知貴、小水たいが、伊島空、東龍之介、瀬々監督が出席した。瀬々監督自ら演出を手掛けたこの日のイベント。まずは太鼓が鳴り響くなか、女力士を演じた面々が会場を練り歩いて登場。東出と寛一郎も客席に降りてプレゼントを投げ入れるなど、キャスト陣のサービスぶりに観客からも笑顔があふれた。マイクリレー形式で挨拶をして、続々と初日を迎えた喜びを口にした。約300名の応募者のなかから選ばれてヒロインの新人力士・花菊役を演じた木竜は、それぞれの熱い思いを耳にして、思わず瞳を潤ませた。会場から「泣くな!」と声援がかかると、「はい!」と力強く答えた木竜。「こうやって映画が広がっていくことが本当にうれしいです。ここにいるみなさんのカッコいい姿、カッコ悪い姿を全部お見せすることができたんじゃないかと思います」と万感の思いを語り、東出も「仲のいい面々で作って、まとわりつく夏の暑さを吹き飛ばすような、閉塞感を打ち破るような映画になった」と完成作に胸を張っていた。また女相撲興行で唄われる「イッチャナ節」を生披露するひと幕も。唄の途中で渋川が「梅の里、行け!」と掛け声をかけると、梅の里を演じた前原が浴衣を脱ぎ、マワシ姿になって四股を披露。さらには瀬々監督が「東出、行け!」とムチャぶり。大慌ての東出だったが、長い脚を思い切り上げて四股を踏み、会場も「よいしょー!よいしょー!」と大盛り上がり。寛一郎にも四股を踏ませた瀬々監督だったが、最後には「監督!」と乗せられて瀬々監督もトライ。お茶目にずっこけて会場を笑わせながらも「この場こそ、菊とギロチンです!」と熱っぽく語り、大きな拍手を浴びていた。

【Movieウォーカー for SPmode TOPへ】