映画作品映画館映画ニュース マイページ

上白石萌歌、『未来のミライ』くんちゃんと登場!「ステキな出会い」と感謝

2018年08月07日(火)配信

細田守監督の最新作『未来のミライ』(公開中)の大ヒット御礼舞台挨拶が8月7日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、声優として兄妹役を演じた上白石萌歌、黒木華が登壇。上白石が本作で得た経験について、想いを明かした。本作は、甘えん坊の4歳の男の子“くんちゃん”と、未来からやってきた妹“ミライちゃん”が繰り広げる冒険を描く物語。観客動員数130万人を突破し、くんちゃん役の上白石は「公開前にみなさんでずっと温めていた作品が、たくさんのみなさんに届いている」と感激しつつも、「正直まだ実感はできていない。(数字を聞いて)驚きました」とコメント。ミライちゃん役の黒木も「本当に幸せ」としみじみと語っていた。アフレコの様子について「監督がすごく相談に乗ってくださった」、「ブースは、本当の家族のようないい空気が流れていた。初めての主演で不安な部分もあったんですが、支えていただいて本当にステキな出会いをさせていただいた」と振り返った上白石。「監督の指導に愛と熱がある。妥協を一切しない方なんだと思いながら、声をあてていました」と細田監督の熱意に惚れ惚れ。もともと細田作品の大ファンとのことだが、「いろいろなことが変わろうと、命の大切さ、家族のありがたみは変わらないものなんだなと、この作品に教えてもらった。これからの監督の作品もすごく楽しみ」と貴重な経験となったことを明かしていた。本作で、兄妹役として共演した上白石と黒木。上白石は「黒木さんのことを心から尊敬している」と告白。「『おおかみこどもの雨と雪』のころから、黒木さんの声に魅了されている。兄妹役としてお芝居をできたことは、私にとってすごく大切な経験になりました。こういう女性を目指していきたい」と想いをあふれさせると、黒木は「目指さないほうがいい」と照れ笑い。「こんなかわいい妹がいたらうれしい。なるべく早く帰る」と上白石のキュートさにノックアウトされていた。また、くんちゃんが時を超えた旅先で出会うキーパーソンとして福山雅治も出演を果たしているが、上白石は「私がくんちゃんとして存在できたのは、福山さんのお芝居や人柄があったから」と共演の感想を語っていた。

【Movieウォーカー for SPmode TOPへ】