映画作品映画館映画ニュース マイページ

ユアン・マクレガーがついに初来日!プーさんに導かれ、堺雅人と念願の対面

2018年09月05日(水)配信

世界的人気キャラクター「くまのプーさん」を、ディズニーが実写映画化した『プーと大人になった僕』(9月14日公開)のジャパンプレミアが5日、東京・品川プリンスホテル・ステラボールで開催。主人公クリストファー・ロビンを演じ、昨日ついに初来日を果たしたユアン・マクレガーを、日本語吹替版で声を務めた堺雅人が出迎えた。A・A・ミルンが生みだした、誰もがよく知る物語のその後を描いた本作。親友のくまのプーやティガーなど“100エーカーの森”に住む仲間たちと別れ、大人になったクリストファー・ロビン。仕事に追われ、家族の問題に頭を悩ませる毎日を過ごしていた彼の前に、ある日突然プーが現れる。「森の仲間たちを一緒に探して欲しい」と頼まれたクリストファー・ロビンは、子どものころに過ごした“100エーカーの森”へと向かうことに。劇中の舞台となる“100エーカーの森”をイメージした装飾が施されたステージにユアンが登場すると、長年彼の来日を待ちわびていた約250名のファンからは悲鳴にも似た黄色い歓声が巻き起こる。そんな熱狂的なファンに向けて「大好きな作品と一緒に日本に来ることができて本当に嬉しい。作っているとき本当に楽しかったので、同じくらい楽しんでほしいです」と来日の喜びを語ると、流暢な日本語で「アリガトウ」と手を振った。そしてユアンはレッドカーペットを練り歩き、サインやセルフィーなどを求めるファンひとりひとりに丁寧に対応していく。約1時間に及ぶ熱烈なファンサービスの数々に会場は大熱狂。ファンサービスの途中に水で喉をうるおしたユアンが、飲みかけのペットボトルを近くにいたファンにプレゼントするひと幕に、会場中が大きくどよめいた。その後ユアンはプーを抱きかかえながらステージに再登壇し、堺と初対面を果たす。“日英クリストファー・ロビン”の夢の共演に堺は「声を入れさせていただいた時に、なるべく一体化しようと思いながら過ごしていた。お会いできて嬉しいです」と明かし「初対面なんですけど、優しくて一緒に遊んだら楽しい人なんだろうなと思いました。きっと小さい頃に出会っていたら、一生ついて行ったと思います」とユアンの人柄を絶賛。それに対してユアンは「これから堺さんの作品が英語圏で公開される時には、僕が吹替えをやります」と宣言。終始和やかなムードで会場を盛り上げた。

【Movieウォーカー for SPmode TOPへ】