映画作品映画館映画ニュース マイページ

中川大志、壁ドンに失敗し1番のヘタレ男子に!『覚悟はいいかそこの女子。』舞台挨拶

2018年09月12日(水)配信

椎葉ナナの人気コミックを実写映画化した『覚悟はいいかそこの女子。』(10月12日公開)の完成披露試写会が、9月12日に新宿バルト9で開催され、中川大志、唐田えりから豪華キャストと井口昇監督が舞台挨拶に登壇。中川はイベントで行われたゲームで元気よく壁ドンを披露するも、共演者たちから“ヘタレ男子”のレッテルを貼られてしまった。女子限定の試写会ということで黄色い歓声に包まれて登場したゲスト陣。中川が「映画はドラマとは違うパワーアップをした物語になっています」とアピールすると、唐田も「初めてお客さんに観ていただくので、緊張ですね。今日を迎えられてうれしいです」と挨拶した。『覚悟はいいかそこの女子。』は、“超絶イケメン”だけど恋愛経験ゼロ、かつ“究極ヘタレ”の主人公・古谷斗和(中川大志)が、人生で初めて本気の恋に落ちた三輪美苑(唐田えりか)を振り向かせようと奮闘する痛快青春コメディ。登壇したキャストは、中川、唐田のほか、ヘタレ男子を演じた伊藤健太郎、甲斐翔真、若林時英と、教師役の小池徹平の6名。中川たちヘタレ男子チームは、映画にちなみ「ヘタレ男子脱却!男の三番勝負」に挑んだ。いろんなお題が与えられるなか、1番盛り上がったのは、それぞれが与えられたシチュエーションで意中の女子に思いを伝えるという“告白対決”だった。“後輩”、“放課後”というシチュエーションが与えられた中川は「じゃあ、同じ委員会の女子で、放課後、居残りをしているような感じで」と、一人芝居をスタート。いきなり手をドンと会場に向けて伸ばし「俺の彼女になってくれるか」と言うと、会場から割れんばかりの歓声が上がった。伊藤は不思議な顔をして「なにを押さえてるの?」とツッコむと、中川が「壁!壁ドン!」と説明するも、共演者たちは首を傾げる。その後、唐田、小池、井口監督が審査した結果、1番の愛され男子は、甲斐となり、中川は1番のヘタレ男子に選ばれた。中川は「僕ですか?」と少し不服そうだったが、井口監督が「ちょっと逃げに入った。壁に見えなかった」と言うと、小池も「びっくりしちゃった」とうなずく。中川は「この役に選ばれた時から、僕のヘタレな部分を見抜いてくださってたってことですね。ありがとうございます」と笑顔を見せた。

【Movieウォーカー for SPmode TOPへ】