映画作品映画館映画ニュース マイページ

17歳の人気モデル・久間田琳加にインタビュー!本田翼との意外な撮影秘話から、女優業の展望まで

2018年11月05日(月)配信

「Seventeen」誌の専属モデルとして、同世代の女子から高い支持を受け、今春からは浜辺美波、山田杏奈と共にロッテ「ガーナミルクチョコレート」のCMキャラクターも務めている久間田琳加。そんな彼女が青春映画『ヌヌ子の聖★戦 〜HARAJUKU STORY〜』(11/16公開)で、映画初主演を務める。「『ミックス。』(17)に出演させていただいて以来、ものスゴいスピードで進んでいる気がします。3本目であまりの大役に不安もありましたが、夢を追いかける読者モデル役ということで、共感できる部分も多く役に入りやすくてよかったです。あと、凜音が一緒だったのも心強かったです」。凜音とは彼女とW主演を務める、ラップもこなす現役女子高生アーティストの吉田凜音。劇場公開もされたドラマ『女子の事件は大抵、トイレで起こるのだ』(15)での共演以来、プライベートでも仲がいい2人だ。「メインの活動はお互い別なので、なかなか同じ現場にならなかったんですが、今回は素の私たちを切り取ってもらっている感じがしました。待ち時間に話す私たちを見た監督から『そんな感じで!』と言われることも多かったですが、ケンカのシーンだけは2人でリハーサルを重ねましたね。いままで、したことがなかったので(笑)」。そんな2人が演じる双子コーデの読者モデル・コンビ「ヌヌ子」の個性的なスタイリングを担当したのは、女優、本田翼である。「さすがに『ええーっ!?』って驚きました!30着以上あってフィッティングは1日がかりだったんですが、ずっと付きっ切りだったうえ、現場にも来てくださって。でも、お仕事というより、『可愛い〜!』って、私たちと一緒のテンションになって、とても近い距離で話しかけてくださったんです。そんな珍しいかたちで、ご一緒できたことに感謝しています」。劇中、芸能ブローカー的な謎の男を演じるのは、西岡德馬。年の差55歳、ド派手な原宿ファッションに身を包んだベテラン俳優との共演は、かなり刺激的だったようだ。「ドラマなどのイメージからあまりしゃべらない方かと思っていたのですが、私たちのことや原宿ファッションをおもしろがってくれ、たくさん話しかけてくださって、とてもリラックスした雰囲気を作ってくださいました」。さらに、本作の見どころなのが、彼女たちの庭とも言える原宿&渋谷ロケによって醸し出されるリアルな空気感だ。「よく買い物に行く場所で撮影することは、どこか不思議な感じでしたし、一発勝負のカットも多くて、刺激的でした。ファンの方から声を掛けられることもありました。いろんな人に追いかけられて逃げるシーンでは、真剣な表情で走るシーンも撮ったんですが、なぜか笑っちゃったカットが使われていて、とても恥ずかしいです」。2週間のタイトな撮影を経て、完成した作品については「より女優のお仕事が楽しいことに気付かせてもらったおもしろい作品になりました(笑)」と自信満々のよう。「ヌヌ子の2人が選ぶラストなど、作られた話というより、リアルにありそうな話ですし、そこが私たち世代には刺さると思うんです。また、YouTuberの佐藤そるとさんが出てきたり、流行りのカフェで撮影したり、私たち世代のお子さんを持つ方が観たら、いまの女子高生の実態が分かって、お子さんの夢をひと押ししてあげたくなる映画にもなっていると思います」。彼女の事務所の先輩である新垣結衣や「Seventeen」モデルの先輩である広瀬すずなど、憧れの女優も多い彼女に、モデル業と女優業の違い、さらに今後の目標について聞いてみた。「モデルの時は、より洋服が綺麗に見えるように、自分で何度もチェックするんですが、映画の時は自分の映像をあまり気にしすぎないように心掛けています。それについては、『ミックス。』でご一緒させていただいた新垣さんから学ばせてもらったんです。今後は、こういう役しかできないと言われないよう、いろんな役に挑戦したいです。私、少女漫画を読むのが好きなので、いつか『午前0時、キスしに来てよ』など、好きな作品の実写化でヒロインをやって、原作者の先生にお会いするのが夢なんです!」。十代の女の子らしく、『50回目のファーストキス』(18)など、映画でもラブストーリー好きな彼女だが、ここ数年で、様々なジャンルの作品を観るようになったそうだ。「『とりあえず、一回観ればハマるから』と、友達に誘われたのがきっかけで、『ジュラシック・ワールド』にハマっちゃったんです。自分が恐竜にハマると思っていなかったので驚きましたが、それによって観る映画の幅が広がって、『オリエント急行殺人事件』や『ハングオーバー!』なども、映画館やNetflixで観るようになりました。もちろん、『ジュラシック・ワールド/炎の王国』も、すぐに観に行きました!」

撮影/植村透忠 ヘアメイク/水流有沙 スタイリング/金光英行 衣装協力/ニット&パンツ=YUKISHIMANE

【Movieウォーカー for SPmode TOPへ】