映画作品映画館映画ニュース マイページ

青柳翔、町田啓太、鈴木伸之もびっくり!『jam』続編が決定!

2018年12月01日(土)配信

劇団EXILEの全メンバーが総出演した映画『jam』の初日舞台挨拶が、12月1日に新宿バルト9で開催され、青柳翔、町田啓太、鈴木伸之らキャスト9人とSABU監督が登壇。サプライズで、プロデューサーを務めたEXILE のHIROによるビデオメッセージが流され、続編決定の発表がされると、青柳たちは驚きの歓声を上げた。HIROが「『jam』プロジェクトがスタートしました。全員がそれぞれ主役になれるように、引き続き頑張っていただきたいし、今後の展開を楽しみにしていただきたい」と語り、会場からどよめきの声が上がった。舞台挨拶では作品についてクロストーク。青柳が「監督は現場で、別シーンのこととかをぼそっと言われるんです。『昨日、鈴木くん良かったよ』『町田くん、良かったよ』とか言われて。俺は負けず嫌いだから焚きつけられる。あとあと聞くと、3人に(同じように)言ってたみたいで」と苦笑い。鈴木が「めっちゃ言ってました」と言うと、町田も「言ってました」とうなずく。青柳は「その気にさせる。そういう演出方法も大事だなと。負けず嫌いな人はアガりますね」と語った。町田は、際どいシーンが多かったと言う。「ブラジャーをふったりとかして。監督から『ちょっといやらしく』と言われてたんですが、本編観たらカットされていたり。リップクリームを塗るシーンも『ハンドクリームから塗り、いやらしくお願いします』と言われてたので、めっちゃイッてる感じでやったら、女性スタッフさんたちが『いや!キモ~イ』と言ってたみたいで。ありがたかったです(笑)」。鈴木は、一切台詞がない役柄だった。「準備稿までは3言くらい『ワー!』とかいうのがあったのですが、決定稿では、なくなっていて。台詞を覚えなくて良かったし、アクションに集中できて楽しかったです」と感想を述べた。キャストは青柳たち3人の他、秋山真太郎、八木将康、小澤雄太、小野塚勇人、佐藤寛太、野替愁平らも登壇した。『jam』は、EXILE のHIROプロデュースによる完全オリジナル映画で、劇団EXILEのメンバーが総出演した。場末のアイドル演歌歌手(青柳翔)、瀕死の恋人を守ろうとする青年(町田啓太)、刑期を終えて復讐を試みる男(鈴木伸之)と、男3人の運命が交錯していく。

【Movieウォーカー for SPmode TOPへ】