映画作品映画館映画ニュース マイページ

「Fate」はなぜ人気なのか?劇場版プロデューサーの言葉から読み解くシリーズの強さ

2018年12月26日(水)配信

17年10月に公開された『劇場版「Fate/stay night [Heaven’s Feel]」Ⅰ.presage flower』(以下『第一章』)は、同じ週に公開となったハリウッド大作に対し半数以下の上映館数ながら、公開週末の動員ランキングで1位を獲得し、映画業界を震撼させた。公開後もロングラン上映され、2月に累計興収15億円を突破。19年1月12日(土)には続編『劇場版 Fate/stay night [Heaven’s Feel]II. lost butterfly』(以下『第二章』)も公開される。このアニメ・ゲームファンには絶大な認知度を獲得しながらも、映画界としてはノーマークであった「Fate」シリーズの魅力、そして”強さ”について、本作のプロデューサー・高橋祐馬氏に話を伺った。■ 会社へ届いた手紙で確信した、『第一章』の手応えーー『第一章』が週末動員ランキング1位を記録したことについて、高橋さん、製作陣はどのような感想を持たれていたのでしょう?「素直にうれしかったのもありますが、それ以上に“お客さんへの強い感謝”の気持ちが大きかったです。スタッフ、キャストが熱意を持って制作した映像を多くの方に楽しんでもらえたありがたさと共に、三部作の第一章ということで、観てもらうことこそが『第二章』をさらに頑張って作るエネルギー”になるのは間違いなかったので、温かく大きなものをいただいたと感じています」ーー『第一章』を観て初めて「Fate」シリーズに触れた方もいたと思いますが、どんな反響が寄せられましたか?「公開後のある日、『第一章』で『Fate』に初めて触れたという10代の方から会社に手紙をいただきました。『とても楽しかったです。桜ちゃんに幸せになってほしいと強く感じました。「第二章」で彼女の笑顔が観られるのを楽しみにしています!』という内容で、須藤(友徳)監督が描こうとしている”間桐桜の物語”という点が、初めての方にも深く届いたのは非常にうれしかったですね。『第二章』でも桜の笑顔は描かれますが、それがどんな想いの笑顔なのかは、ぜひ劇場で確かめていただければ幸いです」ーーお手紙を下さった方のように、「Fate/stay night」が年月を経ても、どんどん人を引き付ける理由、その最たるものは何だとお考えですか?「私が語るのも甚だ恐縮ですが、エンターテインメントの全てが詰まっているからだと感じています。見たことのない予想外のものへのワクワク、個性的で魅力的なキャラクターたちの活躍、確立された秀逸な世界観、それらで紡がれる圧倒的な人間ドラマ、等々。”王道と邪道をあわせもつ、非常におもしろい作品だから”でしょうか」■ 映画としてアニメとして、ひたすら"おもしろさ"を追究――[Heaven’s Feel](以下[HF])の”映画ならではの“魅力・こだわりは、どんなところにあるのでしょう?「魔術師と英霊が覇を競い合う聖杯戦争、という一見するとバトルの爽快感(エンタメ性)が強い大きな世界観であり、事実ufotableさんが描かれるバトルシーンが超凄まじいアニメ映像になっている、という上で、描かれる中心が”一人の少年と一人の少女の物語”だということを強く感じられる2時間である、ということでしょうか。しかもそれが儚く美しくおもしろいです」――[HF]において、実写とアニメの垣根を越えて、きっと観たらわかる”驚き”を挙げていただけたらと思います。「バトル、恋愛、葛藤と選択、サスペンス…など、それ一つで1本の映画を作れるテーマが凄いバランスで全て詰まっているおもしろい作品であることです。さらに『第二章』は、起承転結でいうなら、”承承承転転転承転承転承転転”ぐらい見どころ満載なので、ぜひ楽しんでいただけたらうれしいです」――映画界は年末年始もアニメの公開が相次ぎます。かつて深夜アニメとして流れていたようなアニメが現在映画館で全国公開されるようになった現状について、高橋さんはどう捉えていますでしょうか?「先人や先輩たちがおもしろいアニメを作り続け、それを観て多くのアニメファンが生まれ続け…私自身もその一人ですが、その分母故に興行として成立すると映画館さんが受け入れて下さっている、というシンプルな理由だと思っています。ですので、深夜だからとかはあまり関係がなく、生かすのはただ一つ”おもしろいものを作る”ということだと思います。もちろん、アニメなら何でもではなく、個々の作品本位ではありますが。私自身、末席でその役に立てる仕事が出来たらうれしいですね」

[c]TYPE-MOON・ufotable・FSNPC

【Movieウォーカー for SPmode TOPへ】