映画作品映画館映画ニュース マイページ

横浜流星、高校同級生トークに照れ笑い!「温泉に入るとすごい笑顔になる」と指摘される

2019年08月12日(月)配信

シリーズ累計100万部を突破した河野裕の青春ファンタジー小説を映画化した『いなくなれ、群青』(9月6日公開)の完成披露試写会が8月12日に新宿バルト9で開催され、横浜流星、飯豊まりえ、黒羽麻璃央、矢作穂香、松岡広大、松本妃代、中村里帆、柳明菜監督、音楽を担当した神前暁が登壇。横浜、飯豊、矢作、松岡が高校の同級生だったことが明らかとなり、それぞれが高校時代の素顔を明かして会場を盛り上げた。本作は謎だらけの島、階段島に暮らす高校生の七草が、幼なじみの真辺と再会したことから始まる青春ファンタジー。島の謎を解き明かそうとする真辺と、彼女に巻き込まれていく周囲の姿を描く。横浜は「階段島の美しい世界観」に自信をのぞかせ、「原作を好きな方にも喜んでもらえるような絵を、監督がつくってくださった」と完成作に胸を張っていた。悲観主義者の七草役を横浜、理想主義者の真辺役を飯豊が演じた。共演の感想を聞かれると、飯豊は「なにを投げても、きれいにトーン!と返してくれる」と横浜の印象を吐露。横浜が「僕は壁ですか?」と楽しそうに聞くと、飯豊は「絶対的に受け入れてくれると信じられる。そこは真辺の想いとシンクロした。横浜さんとお芝居をしていると、なにをどう迷っても、正しい道に導いてくれるなと思いました」と絶大な信頼を明かしていた。ステージでは、横浜、飯豊、矢作、松岡が高校の同級生だったことが明かされた。飯豊は「クラスメイトだった」という松岡について、「広大くんは学級委員をやっていました。まとめ役だった。みんな広大くんについていく感じだった」と暴露。松岡は「3年間、学級委員。恐怖政治を行っていました」と語り、会場を笑わせていた。横浜の素顔を明かしたのが、矢作。矢作は「七草と真辺の両方を持っているよう。陰な感じと、陽な感じ」と横浜の高校時代の印象を告白。横浜が「はい。僕は二面性を持っています」と笑うと、松岡が「流星くんは、温泉に入るとすごい笑顔になるんですよ」と話し、飯豊から「なんですか、その情報」とツッコまれるなど、キャスト陣が終始、和気あいあいとしたトークを繰り広げていた。

【Movieウォーカー for SPmode TOPへ】