映画作品映画館映画ニュース マイページ

日本興行成績ランキング

日本で公開されている映画の興行成績TOP10(動員数)※興行通信社調べ

(毎週月曜更新 2017/05/20~2017/05/21)
V5の『美女と野獣』、90億円突破目前!新作は4作品がトップ10入り

『美女と野獣』が土日2日間で動員30万7000人、興収4億3500万円をあげ初週から5週連続での首位を達成した。累計動員は637万4000人、累計興収は89億1800万と早くも90億円間近となり、近く100億円突破のニュースが聞けそうだ。日本だけでなく世界中での大ヒットとなっており、現在全世界興収は12億2180万ドル(1343億9800万円)、配給元のディズニーからは全世界歴代興行収入のトップ10入りが発表されている。2位は先週と変わらず『名探偵コナン から紅の恋歌(からくれないのラブレター)』。土日2日間で動員12万3000人、興収1億6100万円をあげ、累計興収で61億円を突破した。『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』の持つシリーズ最高の最終興収63.3億円突破へ向け、着実に歩みを進めている。3位には山本美月とHey! Say! JUMPの伊野尾慧主演で上田美和の人気コミックを映画化した『ピーチガール』が、土日2日間で動員12万人、興収1億4300万円をあげてランクイン。スピリチュアルミステリー『君のまなざし』は6位に、第89回アカデミー賞で8部門にノミネートされた『メッセージ』が7位に初登場した。その他、新作ではEXILE HIROが映画初プロデュースした『たたら侍』が10位にランクインしている。

▲このページの先頭へ

【Movieウォーカー for SPmode TOPへ】