映画作品映画館映画ニュース マイページ

日本興行成績ランキング

日本で公開されている映画の興行成績TOP10(動員数)※興行通信社調べ

(毎週月曜更新 2017/06/17~2017/06/18)
『22年目の告白-私が殺人犯です-』が2週連続1位に輝く!

先週1位スタートを飾った『22年目の告白-私が殺人犯です-』が、土日2日間で動員18万7000人、興収2億6200万円をあげ2週連続で1位をキープ。先週3位だった『美女と野獣』は土日2日間で動員15万3000人、興収2億2000万円をあげ2位に浮上した。累計興収は114億円を突破し、国内邦洋あわせた歴代興収ランキングで先週の25位から21位にランクアップ。『昼顔』は、土日2日間で動員13万6000人、興収1億9400万円をあげて3位にランクイン。平日も強い興行で、週間ランキングではトップとなっている。 滝沢秀明が特殊メイクにも挑戦し新境地を開いた『こどもつかい』は、土日2日間で動員12万人、興収1億5000万円をあげ4位でスタート。5位にはファン待望の映画化となった『劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女』が、59館という比較的小規模公開ながら土日2日間で動員10万7000人、興収1億6300万円をあげ初登場。1スクリーンあたりの興行収入は276万2362円と、群を抜いての1位となっている。ほか新作では、ガイ・リッチー監督作『キング・アーサー』が6位に初登場となった。

▲このページの先頭へ

【Movieウォーカー for SPmode TOPへ】