映画作品映画館映画ニュース マイページ

全米興行成績ランキング

アメリカで公開されている映画の興行成績TOP10(興行収入)

(毎週月曜更新 2018/04/21~2018/04/22)
驚異的ヒットのホラー『クワイエット・プレイス(原題)』が返り咲き首位!

今週の全米興行ランキングは、驚異的なヒットを記録しているサバイバルホラー『クワイエット・プレイス(原題)』が、約2100万ドルを売り上げて、先週の2位から見事1位に返り咲いた。本作は、音に反応し人間を襲うモンスターによって人類が滅亡の危機に瀕した世界を舞台に 、“ルール”に従い生き延びようとする一組の家族を描いており、エミリー・ブラントが一家の母親役で主演を務めている。北米での興行収入はついに1億3000万ドルに達し、今年公開作としては『ブラックパンサー』に次ぐ2位にまで上り詰めた。約1600万ドルのオープニングで3位に初登場したのは『アイ・フィール・プリティ (原題)』で『バレンタインデー』(10)などの脚本で知られるアビー・コーンとマーク・シルヴァースタインの脚本家コンビが初監督したロマンティック・コメディ。出演は人気コメディエンヌのエイミー・シューマー、ミシェル・ウィリアムズ、エミリー・ラタコウスキーら。約1500万ドルを売り上げて初登場4位となったのは、2002年に公開された同名作の続編『スーパー・トゥルーパーズ2(原題)』で、全米で根強い人気を誇るお笑い集団“ブロークン・リザード”のメンバー5人が、16年前と同じ警察官役に扮するコメディだ。

▲このページの先頭へ

【Movieウォーカー for SPmode TOPへ】