映画作品映画館映画ニュース マイページ

全米興行成績ランキング

アメリカで公開されている映画の興行成績TOP10(興行収入)

(毎週月曜更新 2017/06/16~2017/06/18)
    第1位

    初登場

  • カーズ/クロスロード

  • 第2位

    先週1位

  • ワンダーウーマン

  • 第3位

    初登場

  • オール・アイズ・オン・ミー

  • 第4位

    先週2位

  • ザ・マミー/呪われた砂漠の王女

  • 第5位

    初登場

  • 海底47m

  • 第6位

    先週4位

  • パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊

  • 第7位

    初登場

  • ラフ・ナイト(原題)

  • 第8位

    先週3位

  • キャプテン・アンダーパンツ ザ・ファースト・エピック・ムービー(原題)

  • 第9位

    先週5位

  • ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス

  • 第10位

    先週6位

  • イット・カムズ・アット・ナイト(原題)

『カーズ/クロスロード』がV!『ワンダーウーマン』は2位に後退も好調続く

先週末の全米興行ランキングは、人気シリーズの最新作『カーズ/クロスロード』(日本7月15日公開)が興行収入5354万ドルとなり1位を獲得した。同作は、前作『カーズ2』より約6年ぶりの続編となったが、オープニング3日間の成績は前2作を下回る、いささか物足りないものとなった。一方、レビューは概ね肯定的な評が並んでおり、今後の巻き返しに期待したい。続く2位の『ワンダーウーマン』は、3週連続の首位こそ逃したものの好調を維持。興収の下落率も30%と少なく、興行収入は2億7400万ドルに達し、早くも3億ドルの大台を射程圏内に収めた。このまま好調を維持すれば、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(16)が記録した3億3000万ドルを超え、「DCエクステンデッド・ユニバース」で最高の興行収入を上げる可能性が浮上してきた。新作としては他に3位に『オール・アイズ・オン・ミー』、5位に『海底47m』、7位に『ラフ・ナイト(原題)』が初登場。『オール・アイズ・オン・ミー』は伝説的ラッパー・2パックの半生を描く伝記映画で、日本公開は今冬を予定している。『海底47m』は海底の檻に閉じ込められた姉妹に襲い掛かる人食いサメの恐怖を描く深海パニックスリラーで、8月12日に日本公開される。両作ともに、配給元の期待を上回るスタートとなっている。もう一本の新作である、スカーレット・ヨハンソン主演のR指定コメディ『ラフ・ナイト(原題)』は期待されていたオープニング成績を大きく下回っており、レビューも散々と、手痛いスタートとなった。

▲このページの先頭へ

【Movieウォーカー for SPmode TOPへ】