映画作品映画館映画ニュース マイページ

雷雨の沖縄国際映画祭レッドカーペットに榮倉奈々、黒木メイサ、知英らドレス姿の女優が輝く!

2018年04月22日(日)配信

「島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭」最終日となる4月22日、那覇市の国際通りでメインイベントのレッドカーペットが開催。阿部寛、榮倉奈々、黒木メイサら豪華ゲスト陣が会場に姿を見せた。あいにくの雨模様で2時間遅れのスタートとなったが、待ちわびたのべ約6万3000人の観客の熱気で会場もヒートアップ。『美人が婚活してみたら』(2019年公開)主演の黒川芽以は、淡いブルーのロングドレスで登場。鉄拳のパラパラ漫画を映像化した『家族のはなし』(公開日未定)に出演する岡田将生、成海璃子もそろって姿を見せ、沿道の声援に笑顔で応えた。『耳を腐らせるほどの愛』(2019年公開)主演の森川葵はグラデーションカラーの個性的なワンピース、『レオン』(18)の知英は清楚な白のドレス、特別招待作品『ルームロンダリング』(7月7日公開)の池田エライザはワンショルダーのセクシーなロングドレスで現れると、華麗な装いの女優陣に観客の視線はくぎ付けに。今回初開催となったトークショー企画に登壇した黒木メイサは、出身地・沖縄で開催する映画祭について「10年目でやっと来ることができた」と感激の面持ちで喜びを語った。その後も、『ニワトリ★スター』(公開中)出演の井浦新、成田凌、『劇場版ドルメンX』(6月15日公開)の志尊淳らゲストが続々登場。特別招待映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』(6月8日公開)の榮倉奈々、特別招待映画『のみとり侍』(5月18日公開)主演の阿部寛が登場すると会場の熱気も最高潮に。榮倉はレースのドレスからのぞく美脚で観客を魅了。降り続く雨の中、華やかなスターたちの競演で会場は大いに沸いた。

ニュース一覧に戻る

【Movieウォーカー for SPmode TOPへ】