映画作品映画館映画ニュース マイページ

沢尻エリカの爆弾発言に松坂桃李が「リアクションに困る」とタジタジ

2018年01月23日(火)配信

「グランドジャンプ」で連載の人気コミックを映画化した『不能犯』(2月1日公開)の公開直前イベントが1月23日にスペースFS汐留で開催され、松坂桃李、沢尻エリカ、DaiGoが登壇。「(私は)気分とかすぐに顔に出ちゃう。わかるでしょ?」とぶっちゃける沢尻に、松坂が「リアクションに困る」とタジタジの様子を見せ、会場を笑いに包んだ。

本作は、目で見つめるだけで人の心を操る男・宇相吹と、その力が唯一効かない刑事・多田との対決の行方を描くスリラー・エンタテインメント。この日は、宇相吹がマインドコントロールを利用して人を死に導くキャラクターであることにちなみ、メンタリストのDaiGoも参加して“心理合戦”を実施することとなった。

DaiGoがトライする“心理合戦”の内容は、8色のマジックのなかから、松坂と沢尻が選んだお気に入りの1色を当てるというもの。DaiGoが松坂と沢尻の心を読むこととなったが、松坂は「僕、めちゃ簡単だと思う」、沢尻も「私もわかりやすいと思います」と早くも敗北宣言。沢尻は「気分とかすぐに顔に出ちゃうし」と続けた。

過去の沢尻の行動を思わせる発言に会場がざわつくなか、沢尻は「わかるでしょ?」と茶目っ気たっぷりの笑顔を見せ、これには松坂も「ああ…」とタジタジとなりながら「リアクションに困る」と苦笑い。2人のやりとりに、会場も大爆笑だった。

結果、松坂も沢尻もDaiGoに心のなかをすっかり読み取られ、DaiGoの大勝利。これまでの発言やちょっとした声のトーンから性格を当てられた2人は「すごい!ゾクゾクッとした!」と驚くことしきり。会場からもどよめきが起きていた。

緑色のマジックを選んだ松坂だが、DaiGoは「緑が好きな人は、初対面の相手に対して壁が高い人が多い。なかなか心を許さないけれど、1回でも心を許すとなんでも信用してしまう。だまされるとひどいことになる」と注意喚起。沢尻が「水色が好き」と話すと、DaiGoは「天然の人が多い。自分の世界を持っている人」と分析。切れ味あるコメントの連発に、2人とも目を丸くしっぱなしだった。

ニュース一覧に戻る
['/home/movie/html/spm/special/2018/newsmatome_Fab_2/template/foot.tmpl' is not exist]

【Movieウォーカー for SPmode TOPへ】