映画作品映画館映画ニュース マイページ

2018年は“東野圭吾イヤー“!映像化が絶えないその魅力とは?

2018年05月01日(火)配信

「探偵ガリレオ」や「新参者」シリーズなど、絶大な知名度と人気を誇るミステリー作家・東野圭吾。これまでも年1本ペースでコンスタントに映画化されてきた東野作品だが、今年はなんと実写化映画が3本も公開!“東野映画フィーバー”とも言える盛り上がりを見せているこの機会に、改めてその魅力を考えてみよう。■ 2018年は実写化映画が3本も公開1月に公開した『祈りの幕が下りる時』は、阿部寛演じる刑事・加賀恭一郎が主人公に据え、2010年に連続ドラマとしてスタートした人気シリーズ「新参者」の完結編。加賀の“最大の謎”が明らかになるというファン必見の内容には、「泣ける!」という絶賛の声が寄せられた。興収も10億円を軽々と超え、シリーズの最後を飾るヒット作となっている。櫻井翔×広瀬すず×福士蒼汰主演で映画化された『ラプラスの魔女』(5月4日公開)は、東野ミステリーの中では最も異色だと言われる“超進化系”。自然現象による死亡事件と、“未来を予見する知性”を意味する“ラプラスの悪魔”を持つ女の登場、さらには裏切りや逆転に驚かされるスリリングな展開と、定石が通用しない規格外のサスペンスが観る者を翻弄する。東野が作家デビュー30周年記念に執筆したベストセラーを映画化した『人魚の眠る家』(11月公開予定)は、篠原涼子と西島秀俊が仮面夫婦を演じるヒューマンミステリー。離婚寸前の2人が、愛するわが子が脳死と診断される悲劇に直面し、究極の選択を迫られる奥深い人間ドラマだ。さらに19年には、東野小説の中では異色の本格恋愛小説をKis-My-Ft2の玉森裕太、吉岡里帆、染谷将太の共演で描く『パラレルワールド・ラブストーリー』、木村拓哉、長澤まさみの初共演で「マスカレード」シリーズの一作目である華麗な長編ミステリーを映画化する『マスカレード・ホテル』と、早くも2作品の公開が発表されている。■ 中国、韓国、フランス…海外でも大人気!日本だけでなく、海外でも大人気の東野作品。実は多くの東野映画がリメイクされてきたことをご存知だろうか。ジャッキー・チェンも出演する中国リメイク版映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』は、昨年末中国で公開され、今年日本でも公開予定。韓国での人気は、昨年から書店街で村上春樹を抜き“東野ブーム”を起こすほどすさまじく、「白夜行」は日本より早い09年に映画化。「容疑者Xの献身」「さまよう刃」も韓国らしいアレンジで13~14年にリメイクされている。またあまり知られていないかもしれないかもしれないが、日本で初めて東野作品を映画化した『秘密』(99)は、フランスでリュック・ベッソン製作による『秘密 THE SECRET』として07年に公開。海外での人気を知ると、東野が“日本を代表するミステリー作家”と呼ばれることにも納得だ。■ なぜこんなに映画化される?東野作品の魅力とは作品がこぞって実写化される東野作品の魅力とはなんだろうか。まず言えるのはストーリーが、観る者を引き込むミステリーベースで、推理モノとして外れがないということ。さらにその背景にある各登場人物の心理描写が秀逸で、人間ドラマとしても成り立つ二面性も持つ。通常の推理モノにある“誰がどんな風に罪を犯したか”だけでなく“なぜそうなったのか”も追及するそのアプローチは、まさに「新参者」シリーズが呼ばれる“泣けるミステリー”という特有のジャンルを生み出したと言える。魅力的なキャラクター、斬新な設定や構成に加え、社会問題に食い込む“社会派”の部分もある。脳死や臓器移植に鋭いメスを入れる「人魚の眠る家」ほか、時間移動、死刑制度、人間疎外など、扱う題材はいつも力強い。娯楽的な謎解きを備えながら、社会に切り込みつつ、人間に対する暖かい視線を逃さない重厚な東野作品。内容への圧倒的な信頼感と、豪華キャストと有名監督による輝かしい東野実写映画からますます目が離せない。

ニュース一覧に戻る

【Movieウォーカー for SPmode TOPへ】