映画作品映画館映画ニュース マイページ

櫻井翔「横須賀線で来た」発言に会場ビックリ!主演映画舞台挨拶に“電車通勤”で「寝過ごした」

2018年05月04日(金)配信

東野圭吾のベストセラー小説を映画化した『ラプラスの魔女』の公開記念舞台挨拶が5月4日にTOHOシネマズ日比谷で開催され、櫻井翔、広瀬すず、福士蒼汰、玉木宏、高嶋政伸、三池崇史監督が登壇。櫻井が「横須賀線で来た」と4年ぶりに映画単独主演を務めた本作の舞台挨拶に、電車で来たことを告白して会場を驚かせた。本作は生真面目な大学教授・青江修介(櫻井)が、自然現象による不審死事件の調査にあたる姿を描くサスペンス映画。櫻井は「日に日にプレッシャーが増していく一方だった。初日を迎えらえてうれしい」と公開の喜びを噛み締めていた。劇中で青江が「ありえない」というセリフを発することから、それぞれが「ありえない」と思ったことを打ち明けることになったが、櫻井は「まさに今朝ですね」とコメント。「今朝は僕、逗子の方に行っていまして。こっちに横須賀線で戻って来た」と日比谷での舞台挨拶に電車で向かったことを明かすと会場も「えー!」とビックリ。「何年ぶりだろう、寝過ごしちゃって。品川で降りようとしたんですけど、起きたら品川が遠ざかっていた。『マジか!』と」と続けて、会場の笑いを誘った。司会が「1人ですか!?」と聞くと、「もちろんです」と櫻井。櫻井が1人で“電車通勤”をしたことに会場はどよめきっぱなしだったが、櫻井は「そんなに驚くことないでしょ!」と飄々と語っていた。櫻井と広瀬にとっては、今回が初共演。広瀬は「(櫻井は)『なんつって』って言いますよね。ひとつの話のなかに『なんつって』が5回くらい入ってくる」と櫻井の口癖を発見したそうで、櫻井は「それ、すごい指摘だったよ」と鋭い観察眼に感心しきり。福士は「本当に優しい方。トゲか一切なくて、球体のよう」と独特なワードで櫻井を表現すると、櫻井も「球体?」と大笑い。福士は「こんなおかしな発言をしても受け入れてくれる、優しい方」と説明していたが、一方の櫻井は福士との共演シーンを振り返り「イケメンだな!おい」と思ったことを話して福士と会場を笑わせていた。最後には、本作のシリーズ化は「ありえます!」と宣言した櫻井。サービス精神たっぷりのトークで大盛況の舞台挨拶を締めくくった。

ニュース一覧に戻る

【Movieウォーカー for SPmode TOPへ】