マイナス21℃

ストーリー

戻る

元プロアイスホッケー選手のエリック・ルマルク(ジョシュ・ハートネット)はシエラネバダ山脈でスノーボードの最中、立入禁止区域へ侵入し、道に迷い遭難。食料や水、山岳装備もない中で、壮絶なホワイトアウトが彼に襲いかかる。野生のオオカミから身を隠し、雪洞で不安な一夜を過ごすエリック。そんななか、息子と連絡が取れず異変に気付いた母・スーザン(ミラ・ソルヴィーノ)が救助隊に捜索を依頼。エリックは、低体温症や空腹、凍傷、脱水症状、幻覚といった困難に立ち向かいながら救助を待つが、体力気力ともに限界に近づいていた。遭難から7日目。捜索隊のヘリに上空を素通りされ、絶望感に陥ったエリックは翌日、生への執着から山頂を目指すのだが……。

▲このページの先頭へ

【Movieウォーカー for SPmode TOPへ】